【体験談】30代で2年間ニートだった僕が就職できた理由とは?

30代で2年間ニートだった僕が就職できた理由とは?

こんにちは!再チャレンジを応援する「ゆーるー」です。

30歳にもなって2年もニートしてたら、もう社会復帰できないよな……

これは、ニートだった当時の僕が思っていたことです。

確かに、30代のニートが就職するのは簡単ではありません。

そんな僕が、今ではなんとホワイト企業に就職
毎日楽しく働けています!

本記事では、実際に僕が経験してわかった、「ニートから就職するための方法」を解説していきます。

今はニートで、これから就職へ向けて何をしたらいいかわからない

30代のニートから就職なんて、本当にできるのかな??

そんなあなたに向けて、僕が伝えたいのは以下の2点です。

  • ニートから就職するために必要な知識
  • 就活に向けて具体的に何を準備すればよいのか

本記事を読めば、ニートから就職するために必要なことが理解でき、さっそく具体的に行動を始めることができますよ!

目次

ずばり、「30代で2年間ニート」だった僕が就職できた理由は?

どうしてニートで就職できたの?

僕が「30代で2年間ニート」だったのに就職できたのは、「この人はウチで問題なく働ける」と思ってもらえたからです。

30代で2年間ニート」と聞いたら、採用担当の人は

  • この人は本当に働く気あるのかな?
  • どうせ働いてもすぐ辞めるのでは?

まずはこの2つを疑います。

もし、そう思われてしまったらその企業に採用されることはありません

しかし、裏を返せば、

  • この人は問題なく働けそう
  • 無職期間なんか気にならないくらい魅力的な人

このように思ってもらえたら、たとえ今がニートだったとしても、採用してもらえます

「問題なく働ける」と思ってもらうにはどうするのか?

問題なく働ける

あなたに無職期間がある場合、「問題なく働ける」という説明が出来なければ、残念ながら不採用です。

どうすれば、「問題なく働ける」って説明できるのかな……??

「問題なく働ける」と思ってもらうには「無職期間」、つまりニートだった期間についてしっかりと説明する必要があります

無職期間の説明ができず、うやむやにしてしまうと、採用担当からは働けないと判断されてしまいます

ここからは、「問題なく働ける」と思ってもらうために具体的にどのような説明が必要なのか、詳しく解説していきます。

働いてなかった理由を説明する

働いていなかった理由を説明

まずは、いままで働いていなかった理由を説明します。

例えば……
  • 病気療養
  • 家族の介護
  • 資格取得の勉強

など、働きたくても働くことが出来なかった場合はその理由を説明します。

いや、働けなかったとか、そこまでの理由はないんだけど……

働けなかったわけではないが、「他にやりたいことがあって働いてなかった」という場合もあると思います。

その場合も、素直にそのことを伝えましょう

ただそれだけでは、「この人は本当に働く気があるのか?」と思われてしまいます。

働く気がないと思われないためには、しっかりと働く意志の本気度を伝えましょう。

「働く意志の本気度」の伝え方のポイントをこれから詳しく説明していきますね!

働きたいと思った動機「きっかけ」を説明する

働きたいと思ったきっかけ

働く意志の本気度を伝えるために大事なのが、「働きたいと思った動機」=「きっかけ」を伝えることです。

働けなかった理由がある場合は、「その理由が解消したから」というのが働きたいと思った動機になります。

しかし、そのような働けなかった理由がない場合こそ、「働きたいと思った動機」を積極的に伝えましょう。

例えば……

  • 新たな夢ができた
  • 楽しそうに働いている友人に影響された
  • 自立したいと思った

働きたいと思った動機は人それぞれです。

今まで働いてなかったとしても、しっかりとした「働きたいと思った動機」が説明できれば、あなたの本気度がより伝わります

「働きたいと思った動機」が伝われば、「問題なく働ける」「働く意欲がある」と思ってもらう根拠になります。

働くためにしてきた努力(行動)を説明する

努力の証

働きたいと思った動機を説明できるようになれば、もうバッチリだね!?

実は……
意気込み」だけでは、採用担当に納得してもらうためにはあと一歩足りません。

えええーーっ!?じゃあ、どうすればいいの??

「いままで働いてこなかった人が、これから本当に働けるのか?」を採用担当は見ています。

働けることを納得してもらうには「具体的な行動」を説明する必要があります。

具体的な行動とは「働くために実際にしてきた努力」のことです。

例えば……

  • 〇〇の勉強をしました
  • 〇〇に通って訓練しました
  • 勤務を想定して〇〇の練習をしました

このように気持ちだけでなく、実際にどれだけ行動したかを伝えましょう。

さらに、

  • 一日〇時間やりました
  • 週〇日やりました
  • 本を〇冊読みました

このように、具体的な時間や量を加えると説得力は格段に増します

やる気だけはあります!!

という人よりは、

この半年間、週5日9〜15時で就労支援に通ってタイピングとエクセルの訓練を一日2時間ずつ行い、就職の準備をしてきました!

という人のほうが、就職への本気度がより伝わり「この人ならウチでも問題なく働けそう!」って思ってもらいやすいですよね??

実際のアピールはどうすればいいの??

アピールってどうすればいい?

ここからは求人に応募する際に、意識してほしいことをご説明します。

ここまで説明してきた「問題なく働ける」というアピールを、実際どのようにするのか、場面ごとに順番に解説していきますね。

応募書類編

企業の採用担当に、最初に見られるのは「応募書類」です。

書類の時点で「この人は問題あり」と見られてしまうと、その後の面接にたどり着くことはできません

応募書類では、足切りされないよう、なるべくマイナス面が強調されない工夫をしましょう。

履歴書

履歴書例
マイナビ転職公式HPより

履歴書は今までの経歴や資格など「客観的な事実を」記載することがメインです。

事実だけを書く、と言っても工夫の余地はあります

無職期間がある場合は、なおさら工夫が必要です。

無職期間がある場合は、経歴を書いていくと、職歴に空白の期間がでます。

そこをそのままにしておくと、採用担当が見た時に

  • 「この期間は何をしてたんだろう?」
  • 「何か隠してる?」

と、不安になってしまいます。

採用担当を不安にさせない為に「働いてなかった理由」を書き添えます。

もちろん「働いていない理由」を記載するだけで、採用担当の不安を拭えるわけではありません。

だからといって、履歴書でダラダラと言い訳をすると、むしろ逆効果です。

履歴書では、あくまで理由だけをシンプルに記載し、この後説明する職務経歴書で補足をしましょう。

職務経歴書

職務経歴書例
doda公式HPより

職務経歴書では、主に今までの職歴を記載します。

アルバイト経験のみの場合や働いた経験がない場合でも、作成が必要な書類です。

無職期間がある場合は、職務経歴書で無職期間のことをフォローするように意識してみてください。

職務経歴書の中で無職期間をフォローするために、具体的に記載すべきことがあります。

  • 働いてなかった理由
  • 働きたいと思った動機
  • 働くためにしてきた努力(行動)

この3つです。

職務経歴書で「問題なく働ける」「働きたいという強い意志がある」ことに納得してもらえれば、無職期間があっても書類選考に通過し、面接に進むことができます

面接編

面接

書類選考を通過できれば、次はいよいよ面接です。

面接では、応募書類でアピールしてきた「働く意欲」の本気度が見られます。

面接のコツやテクニックは色々ありますが、ここでは無職期間があるあなたに特に気をつけて欲しい点をご説明します

明るく元気な声と表情で好印象に

笑顔

まずは明るく元気にあいさつや受け答えをするということです。

おいおい!小学校のスローガンかよ!?

ここで “あえて” お伝えするのには理由があります!

無職期間は家にこもりがちになるので、大きな声や元気な声を意識することが自然と減っています

自分で思っているよりも意外と声がでてない、なんてことがよくあります!

そこで、特に初めのうちは普段より少し大きめな声、高めの声を意識して出すように練習してみてください。

大きめの声を出すのが苦手だよっていう場合も、いつもより少し大きめの声を意識してもらえれば大丈夫です。

あわせて意識したいのが、表情です。

緊張すると自然と表情がこわばってしまいます

こわばった顔

普段から、鏡で笑顔の練習をしてみてください。

笑顔になるコツは「広角をあげる」ということです。

笑顔の赤ちゃん

いやいや、面接でマスクしてたら、口角上げても意味ないのでは……

今、対面の場合は、マスク着用で面接することがほとんどだと思います。

しかし、そんな場合でも心配はいりません。

実は、マスクで口元が見えない状態でも広角が上がっていれば、自然と目元から笑顔が伝わります

ぜひあなたも実際にマスクを着用して、鏡を見ながら笑顔の練習をしてみてくださいね。

練習第一

面接練習

面接合格のコツは「声に出して練習をする」ということです。

面接は普段家族や友人と話すような場面とは全く違います

どんなに話す内容を事前に考えていても、練習していないとしっかり声が出せなかったり、考えていたことが十分に話せなかったりします。

本番の面接の場面を想定して、声に出して練習しましょう。

声量も本番のつもりで大きく出してみてください。

人に見てもらう

もし可能なら、家族や友人に面接官役をしてもらい、面接のロールプレイングをしてみてください。

大事なのは、人に聞いてもらうことで緊張感をもって、より実践的な練習をすることです

面接官役にフィードバックをもらえば、自分では気づかなかった良いところや悪いところに気づけます。

そんな事言われても、頼めるような人いないよ……

そんなあなたも大丈夫です!!

一人で面接練習している音声を、自ら録音して聞いてみましょう

録音を聞くことで、客観的な視点で自身の話し方を知ることができます。

  • 聞きやすい話し方が出来てるか?
  • 声量や声色が問題ないか?
  • 落ち着いて話せているか?
  • 話すときの変なクセがでていないか?

録音しなくても練習しながら自分の声聞けるし、十分じゃない??

練習している最中は話すことに集中しているので、意外と自分の声は聞けていないのです!

実は、あとから録音を聞くことで気づけることが意外とたくさんあります

ぜひあなたも一度録音しての面接練習をやってみてくださいね。

就職支援サービスを利用する

就職支援サービスを利用する

ここまでは無職期間があっても就職するために、

  • 応募書類の書き方
  • 面接に向けての練習

について解説してきました。

やることはわかったけど一人だと挫折しそう……

ここからは、そんなあなたにこそおすすめしたい就職支援サービスをご紹介します

転職エージェント

転職エージェントとは、キャリアアドバイザーがついてくれて、求人の紹介から就職までのサポートをしてくれるサービスです。

応募書類の添削や模擬面接などの支援もしてもらえます。

手厚いサポートがあるにもかかわらず、無料なので利用しない手はないです。

転職エージェントは、一度でも就業経験があれば現在無職であっても利用することができます

唯一デメリットがあるとしたら、企業の採用担当とのやり取りの他に、転職エージェントの担当とのやり取りが必要になるところです。

そうは言っても、圧倒的にメリットの方が大きいので、僕は積極的に利用することをおすすめしています。

もしあなたに就労経験がないとしたら、転職エージェントではなく、就活エージェントを利用することになります。

ご自身の状況に合わせて利用するサービスを選んでくださいね。

就活エージェント

就労経験がない場合なら、就活エージェントがおすすめです。

就活エージェントは転職エージェントとは違い、就労経験がない人がサービスを受けられます。

受けられるサービスの内容は基本的に転職エージェントと同じです。

手厚いサポートを無料で受けられるので、就活エージェントも積極的に利用しましょう。

ただし、就活エージェントを利用する上で注意すべきことが2つあります

1.地方での就活は対象外

就活エージェントの多くが、都市部の就活を対象としたサービスです。

もし地方で就活を検討している場合は、ご自身の地方がサービス対象地域か事前に確認をしてみてください。

2.主に20代以下が対象

20代以下を対象とする就活エージェントがほとんどですので、あなたが30代以上の場合はサービスを利用できない場合があります。

とはいえ、全てのエージェントが20代以下対象ではありません。

エージェントにより異なるので、対象年齢を事前に確認のうえ、可能な限り登録しておきましょう

年齢関係なく利用できるサービスは?

年齢関係なく利用できるサービスがあります。

それがハローワークです。

ハローワークは国が設置している機関で、就職にかかわる様々なサービスを無料で受けることができます。

職業訓練を受けることもできますので、就業経験のない場合や未経験の職種に挑戦する場合など活用してみてください

就職するためには、とにかく諦めないことが大事!

あきらめない

ニートからの就職は簡単ではありません。

とはいえ、しっかり準備して臨めば、ニートからの就職は決して無理なことではないのです

就職を勝ち取るために必要なのは「とにかくあきらめない」ということに尽きます。

ここに来て「精神論」ですか!?

精神論ではありますが、「あきらめない気持ちをもつ」ことは意外と重要なポイントです。

転職やニートからの就職は、新卒での就活に比べると書類通過率は低くなります

そのため、就活が長期戦になることが多いです。

書類が通過できないことが続くと、誰しも途中で心が折れそうになります。

しかし、そこであきらめてはいけません

「書類選考はだいたいは落ちるもの」と考え、気にしすぎず次にいきましょう

応募するたびに内容を少しずつブラッシュアップし続ければ、いずれ高クオリティの応募書類になり、自然と書類選考も通過するようになります

とにかく粘る」つもりで、応募していきましょう。

しっかり準備して、ニートからの就職を成功させよう!

就職成功

ここまで僕自身の経験から気づいた、「ニートから就職するための方法」について解説してきました。

  • 「問題なく働ける」と思ってもらう
  • 「問題なく働ける」ことが伝わるように、応募書類・面接はしっかり準備する
  • とにかく諦めない

就職するためには、この3つが特に重要です。

そして、あなたの就職活動を強力にサポートしてくれる就職支援サービスも積極的に利用してくださいね

僕自身も転職エージェントを利用したことで、有利に就職活動を進めることができました。

僕の経験が何か少しでも、あなたのお役に立てたら嬉しいです。

あなたの再チャレンジを応援する、ゆーるーでした!

30代で2年間ニートだった僕が就職できた理由とは?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次