うつで失業→再就職!ゆーるーはどうやって楽しくはたらけるようになったのか?

こんにちは!
再チャレンジを応援する「ゆーるー」です!

「あぁ朝つらい……、仕事行きたくない……」

これは以前の僕が、毎朝つぶやいていた言葉です。

もしかしてあなたも今、同じ気持ちではたらいているかもしれませんね。

では、いまの僕はどうかと言うと…

よし!朝から絶好調!今日も仕事頑張るぞー!!

毎日こんなポジティブな気持ちで仕事に向かっています。

(決して大げさではありませんよ。)

もしもあなたも僕のように仕事を楽しめるようになったら……

  • 毎日が休日のように楽しくなります
  • 自己肯定感爆上がりです
  • 休日は今よりもっと楽しめます

実は、僕が「はたらく」ことにポジティブになれたのには、ある「秘訣」があります。

この秘訣がわかると、きっとあなたも前向きな気持ちではたらくことができますよ^^

本記事では
  • ゆーるーがどうして、楽しくはたらけるようになったのか?
  • 楽しくはたらくと、どんないいことがあるのか?
  • 楽しくはたらく秘訣とは?

これらについて紹介していきます。

目次

以前のゆーるーはどうだったのか?

僕は過去にうつ病になり、仕事に行けなくなったことがあります。

詳しくはコチラの記事に書いています。

その頃の僕は、毎日仕事に行くのがイヤでイヤで仕方がありませんでした。

朝は無理やり自分を奮い立たせて、何とか家を出ていました。

通勤中は常に下を向いて歩き、「絶対話しかけるな!」というオーラを出して出勤する日々。

その時のことを思い出すと、今でも胸が苦しくなります。

もう二度とあんな思いはしたくない、強くそう思っています。

あの時と”いま”の違い。何を変えたのか?

アイデア

つらかったあの時と、いまの僕では何が変わったのでしょうか??

大きく変わったところを3つご紹介します。

仕事が変わった

僕は今まで2度、転職をしています。

1回めの転職は、正直失敗でした。

(わずか3ヶ月で退職しました……)

2回目の転職で今の仕事にめぐりあえ、やっと楽しく働けるようになりました。

あたりまえのことですが、自分にあった仕事をするというのは本当に大事です。

1度も転職をせずに、いきなり自分にあった仕事を見つけられる人は相当ラッキーだといえます。

いまの仕事が自分に合わないと思ったら、思い切って転職を考えてみてはどうでしょうか?

「はたらく喜び」を知った

喜び

病気になる前の僕は……

  • 元気なのがあたりまえ
  • はたらけることがあたりまえ

そう思っていました。

体調を崩してからは、僕はもう二度とはたらけないのではないか?と思った時もありました。

でも、いまは元気にはたらくことができています。

つらい経験をして僕はやっと「はたらく喜び」を知ることができました。

誰かの役に立てること、こんな自分でも必要としてくれる人がいること。

はたらくことがあたりまえではなく、とてもありがたいことだと身に染みてわかったのです。

自分が「はたらく意味」を見つけた

はたらくいみ

「うつ病になり一度は働けなくなっても、また元気にはたらけて、毎日楽しく過ごせるんだ!

僕自身がそれを体現して、発信していきたいと思っています。

それを見て、今まさにつらい気持ちの人が少しでも勇気希望をもってくれたら……

それが僕の「はたらく意味」です。

つらい経験があったからこそ、いま僕は前向きに「はたらく」に向き合えています。

そう考えると、はたらけなかった時間も決して無駄ではなかったと思えるようになりました。

楽しくはたらくと、どんないいことがあるのか?

ここまでは、以前の僕からなにが変わったのかについて説明してきました。

ここからは、実際に楽しくはたらけるようになってどんないいことがあったのかをご紹介します。

毎日が楽しい

毎日が楽しい

平日は休日になるのを待ちこがれ、日曜日の夜は明日を思って憂うつになる……

こんな思いをもって日々を過ごしている人も多いのではないでしょうか。

もちろん、以前の僕もそんな気持ちで過ごしていました。

それが、楽しくはたらけるようになると

  • 平日も休日と同じように楽しく過ごせます!
  • 休日は以前よりも、もっと楽しく過ごせます!

僕自身、以前に比べると、憂うつな気分になることが圧倒的に減りました!

(もちろんゼロではないですが……)

仕事の成果がでやすい

仕事の成果アップ

僕は以前から仕事には一生懸命取り組んでいるつもりでした。

それにもかかわらず、上司や先輩から怒られる日々。

それもそのはず。

嫌々やっている仕事では、大した成果は出せません。

僕の過去の職場に、仕事で圧倒的に成果を出していた先輩がいました。

その先輩はかなりハードにはたらいていたにもかかわらず、いつもエネルギッシュにいきいき仕事をしていました。

僕はいつも先輩をみては、「どこからそんなエネルギーが湧いてくるのだろう?」と不思議に思っていました。

いまならそれがなぜかわかります。

その先輩は、誰よりも仕事を楽しんでいたのです。

きっと楽しむことで、大変な仕事にもポジティブに取り組め、いつもエネルギッシュにはたらけていたのだと思います。

なぜそう思うのか?

実は、僕自身もその先輩と同じように、楽しくはたらくことで仕事の成果が出るようになったからです!

それを会社にも認めてもらい、半期ごとの査定で最高のS評価を継続していただけています。

これも楽しんでポジティブにはたらけているおかげだと思っています。

落ち込むことがあっても、気持ちの切り替えができるようになる

落ち込む

僕はもともと、ものすごく打たれ弱い自覚があります。

仕事で小さな失敗をしてしまっただけでも、ものすごく落ち込みます。

それは今でもあまり変わりません。

しかし、以前とすこし変わったこともあります。

それは、気持ちの切り替えができるようになったことです。

どうして切り替えができるようになったのか?

かがやく

それは、前提が「仕事」=「楽しい」になったからです。

落ち込んだことがあっても、「次の日になったらまた楽しい仕事ができる」そう思えるだけで、以前とは全然違います。

おかげで、寝て起きたら前日の失敗のことは全然気にならなくなりました。

これは、以前の僕からしたら、とても信じられないことです。

しかし、何度も経験することで、切り替えできるようになったことを実感しています。

楽しくはたらくための「秘訣」

ここまでは楽しくはたらくと、どんないいことがあるのかをみてきました。

では、あなたもどうやったら楽しくはたらくことができるのでしょうか。

ここからは、その「秘訣」をご説明していきます。

仕事内容や職場を変える

変化の時

もしあなたが仕事や職場に不満があるなら、思い切って転職を考えてみてください。

僕の場合は「自分には転職なんてできない!」となんの根拠もなく思い込んでいました。

ひたすらつらい状況に耐えるだけで、ついには耐えられなくなりうつ病になりました。

その後は、自分にあう仕事は何なのかを真剣に考えてから、転職しました。

おかげでいまは、自分にピッタリの仕事にめぐりあえて、楽しくはたらくことができています。

嫌なことつらいことはすぐに吐き出す

相談

僕は元々、人に相談するのが苦手で、一人で抱え込んでいました。

ちっちゃなストレスも溜め込むことでどんどん大きなストレスに変わってしまいます。

そうなる前に、ストレスは小さなうちに吐き出してしまいましょう。

家族や仲の良い友だちなど、相談できる相手がいる場合は勇気をだして相談してみましょう。

相談相手がいない」「すぐには話ができない」というあなたも安心してください。

一人でも吐き出す方法があります。

一人でも吐き出す方法

書き出す

一人でもストレスを吐き出す方法、それが「書く」という方法です。

ノートや紙に、とにかく思いつくままに、つらい思いやそのとき感じたことを書いていきます。

書き出す際のポイントが、2つあります。

書き出すためのポイント
  1. スマホやパソコンではなく、紙とペンで実際に手を動かして書く
  2. 誰に見せる訳でもないので、遠慮せず思ったことをそのまま書く

字が多少汚くても、殴り書きでも気にせずどんどん書いていきます。

それだけでも、気分がだいぶすっきりします。

書いたものを目で見ることで、自分の気持ちを客観的にとらえることができます。

そうすると、いやなことにとらわれていた心が解放された気分になれます。

これだけなら、あなたもすぐにできますよね?

誰かに相談する」「紙に書き出す」これらを意識的にやってみましょう。

小さなことでも溜め込まず、すぐに吐き出すようにしてくださいね。

はたらきやすくするため、少しの改善を繰り返す

改善

はたらく環境面で不便なことや困ってることがあれば、少しのことでも改善してみましょう。

たとえば僕は会社支給されたパソコンのマウスが少し不便に感じ、マウスを自分で買いました。

おかげで前より操作が楽になり、作業効率が上がりました。

あとは単純に自分で買ったお気に入りのマウスだと気分が上がります

このような些細ささいなことでも、気づいたらすぐに改善してみましょう。

一つひとつはたいしたことではなくても、積み重なると大きな不満になっていきます。

我慢することなく、少しずつでも改善することをクセにしていきましょう。

(番外編)小さい目標を作る

リストアップ

毎日、小さい目標を作るのもおすすめです。

僕の場合は

  • 筋トレをする
  • 体重を記録する
  • ブログを書く

これを、毎日やることが目標です。

えっこれを毎日やるの!?」と思いました?

では、これならどうでしょう。

  • 筋トレをする → 腹筋1回でOK
  • 体重を記録する → アプリに入力でOK
  • ブログを書く → パソコンの電源つければOK

これならできそうじゃないですか?

大変そうな目標でも「ゴールをものすごく低くする」ことで途端とたん簡単になります。

毎日目標を達成出来てると、それだけで自然と自己肯定感が上がります。

私の場合はプライベートの目標ですが、仕事でも同じように小さい目標を作るのも有効的です。

まずはあなたが取り組みやすい目標から始めてみてくださいね。

私生活での変化は?

先ほどは、楽しくはたらくことで仕事にいい影響があることをご説明しました。

実は、仕事にポジティブに取り組めているおかげで、プライベートでも良い変化があらわれてきました。

ここからは、僕に実際起こった良い変化を紹介します。

ダイエット成功

ダイエット成功

僕の場合は、体調が悪かった時もご飯は食べられていました。

それなのに運動もしていなかったので、みるみるうちに太っていったのです。

ただ、仕事がつらかった時はとてもダイエットどころではありませんでした。

それが、楽しくはたらきはじめてからは、心に余裕がうまれました。

すると自然にダイエットしようという気持ちになってきたのです!

そこで、先ほど紹介した

  • 筋トレをする
  • 体重を記録する

これを毎日の習慣化しました。

そして5ヶ月でマイナス9kgのダイエットに成功しました。

発信活動開始

スタートライン

再就職がうまく行き仕事も充実してできていることで、新しいことに挑戦したいという気持ちが生まれてきました。

そこで始めたのが発信活動です。

このブログもそのひとつです。

「どん底から幸せにはたらけるようになった僕の経験を発信することで、いままさに困っている人の役に立てるのではないか?」

そんな思いから発信を始めました。

まだ始めたばかりですが、毎日楽しく続けられています。

これが僕のライフワークになればいいなあと思っています。

「はたらく」を楽しんで最高の毎日を過ごそう!

幸せ

本記事では、かつて仕事が原因でうつになった僕が

  • どうやって楽しくはたらけるようになったのか?
  • 楽しくはたらくための「秘訣」は何か?
  • 楽しくはたらくことでどんないいことがあったのか?

について説明しました。

僕の場合は、仕事を変えたことが大きな要因の一つでした。

あなたがもし、いまの仕事に不満があるなら、転職も考えてみてくださいね。

転職は必要ないという方も、今回ご紹介した仕事を楽しむ「秘訣」をぜひ実践して見てください。

きっと仕事だけじゃなく、プライベートの時間も充実したものになりますよ。

本ブログでは他にもあなたの「はたらく」を応援する再チャレンジを応援するコンテンツを増やしていく予定です。

気になる記事があればぜひブックマークして、読んでみてくださいね。

あなたの再チャレンジを応援する「ゆーるー」でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次